子供の習い事として水泳はオススメか?3歳~15歳までスイミングスクールに通ってた私が思う事。

子供に通わせたい習い事としていつも上位に君臨している水泳。
私は3歳~15歳までスイミングスクールに通っていたので、実際に通っていた子供の意見として、スイミングスクールに通うメリット・デメリットなどを紹介したいと思います(*^_^*)

なぜ数ある習い事から水泳を選んだ?

母が私をスイミングスクールに入れたのは、小さい頃、お風呂で顔を付けても全然泣きもせず、水が得意だと感じたからだそうです。

また、母は全く泳ぐ事ができず、自分ができなくて苦労した分、娘には泳げるようになってほしいという理由でスイミングスクールに通わせたそうです。

スイミングに通っていた時の子供の気持ち

その頃の私はまだ小さく、お母さんと離れるのが最初はとても嫌でした。
まだかなり小さいにも関わらず、ロッカーから親と離れ、プールサイドに1人で行くのは、かなり寂しいものがありました。

また、その日の気分により離れるのを嫌がったりもあり、お母さんはとても困ったそうです。

私が通っていたスイミングスクールにはギャラリー席があったので、お母さんが見ててくれるだけで安心した覚えがあります。

また私が通っていたスイミングスクールはテストに合格すると、上の級に上がるので、負けず嫌いな私は合格して親に褒められたいという一心で、頑張っていました。

もち奈
友達が水泳のテストに合格し、自分は不合格だった時、悔しくて家の押し入れで泣いた事は今では良い思い出です。

年齢が上がるにつれて慣れてきて友達ができてきたので、”友達に会いたい””水泳が“速くなりたい”という気持ちで、スイミングに通っていました。

水泳を習う事のメリット

水に抵抗がなくなる

水が目に入ってしまうと怖いという人もいると思います。
しかし水泳で水に目が入るのは当たり前ですし、それ以上に潜ったり、速く泳がないといけません。
スイミングスクールにしっかり通えば、水に抵抗がなくなっていきます。

心肺機能が強くなる

水泳は心肺機能が向上すると言うのは有名な話ですね。
実際、スイミングスクールに通っている友達は、みんな長距離走や持久走が得意な人がほとんどでした。
水泳の練習はハードなのでその分、体力がいるようなスポーツは得意になるのだと思います。

友達ができる

スイミングスクールには同じ年や同世代の子供がたくさんいます。
一緒にスクールを受けている間、いつのまにか仲良くなります。
本来子供の時に仲良くなる友達は、同じ学校が多いかと思いますが、スイミングスクールで仲良くなった友達はいろいろな学校から習いに来てる子供になるので、違う学校にも友達ができるのがとても貴重になります。

水泳の授業が楽しみになる

 スイミングスクールに通っていると、水泳が得意になり水泳の授業がとても楽しみでした。
また、先生の代わりに見本で泳ぐ事もあり、子供ながらに嬉しかったのを覚えています。

水泳を習う事のデメリット

肩幅が広がる

これはとても有名な話ですが、本当に肩幅は広がります。
実際私もとても広いです。 
男性はそこまで気にならないと思いますが、やはり女性は華奢な体に憧れる人が多いので、水泳を長く続けると、本人が肩幅を気にする場合があります。

疲れる・眠くなる

水泳をすると体力の消耗が激しいので疲れます。
スイミングスクールに通っている日は疲れて何もできず、お風呂に入ってすぐ寝るというクタクタ状態になります。

その事もあり、小学校の頃はアニメやテレビをあまり見る事ができませんでした。
親からすると健康的にスポーツをして、早寝早起きの生活が望ましいかもしれませんが、子供の時はもう少しテレビやアニメを見て、次の日友達と話したりしたかったなーと、思ったのを覚えています。

子供の習い事に水泳をオススメする?

100%オススメします!!

大人になってから水に対する恐怖心を取り除くよりも、柔軟性のある子供のうちに恐怖心を拭っておく方がいいと思うからです。

速く泳ぐまでにいかなくてもいいので、水に慣れてある程度泳ぐ事ができるレベルまで、水泳を習うのがいいのではないかなと、今までの経験上、私は感じました。

まとめ

水泳をする事は体にも良く、私自身習っていた事に後悔した事は一度もありません。
子供の習い事に水泳を考えている人の参考になればとっても嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です