平日副業のメリット・デメリットと平日副業のタイムスケジュールを公開するよ!

 

平日副業を考えている人へ。

平日仕事終わりに働くとどれぐらい大変なのか気になりますよね。

現在の私は、昼:事務の正社員、夜:週2回ほど居酒屋でアルバイト(副業)をしています。
平日副業の1日のタイムスケジュールの公開と、メリットやデメリットなどを紹介するので、平日の副業を検討している人の参考になれば嬉しいです(*^_^*)

平日副業はしんどい?

 

私自身、昼間の仕事がオフィスワークで、基本的に座っている事もあり、立って動き回っている居酒屋さんの仕事を苦痛に感じません。
もともと体力に自信があることも関係しているかもしれません。

また、同じ会社で8時間以上を残業で働くよりも、働く環境を変える事ができるので、自分の中でスイッチを切り替える事ができ、集中力が増す気がします。

他にも友達で何名か平日副業をしている人がいますが、本業に支障がないような週1回~3回のペースで働いている人がほとんどです。
副業をしている友達と話しをしても、クタクタでしんどいという感想よりも、違う環境で働ける事を楽しんでいる人が私の周りでは多いです。

 

定時で帰れる事を利用して、空いた時間に家でのんびり過ごすよりも、その時間をつかってお金が稼げたらという考えが多い気がします。

 

平日副業のタイムスケジュール

 

では平日副業の場合の1日のタイムスケジュールはどのようになっているでしょうか?

私の平日(副業をしている日)の1日のスケジュールを紹介します。

平日副業をしている日のタイムスケジュール

7:00 起床
7:00~8:20 朝食、お弁当、仕事の準備(身支度含む) 
8:20~8:50 通勤
9:00 出社
18:20 退社
18:20~19:00 休憩・バイトまでの移動
19:00~23:00 バイト
23:00~24:00 お風呂、必要最低限の家事
24:00~1:00 自由時間

 

バイトのある平日のタイムスケジュールはだいだいこのようになっています。

朝少しでも寝ていたいので、バタバタしてしまっている事、
自分の時間があまりない事、
家事が必要最低限しかできていない事、

スケジュールを見て気になるとこはこんなところでしょうか。

 

平日副業のメリット・デメリット

 

では具体的に平日副業のメリット・デメリットをあげてみましょう。

平日副業のメリット

  1. 金銭的余裕ができる
  2. 人脈が広がる、友達ができる
  3. 気分転換になる
  4. 仕事帰りにサクっと働けるので効率がいい

 

1、金銭的余裕ができる
なんといっても副業の1番の理由は金銭的なものではないでしょうか。平日働く事によって数万円の余裕が毎月出ると思うと大きいですよね。
バイト知り合ったメンバーでの飲み会や誕生日などで多少の出費はありますが、副業の1番のメリットだと思います。

 

2、人脈が広がる、友達ができる
バイトで一緒に働くうちに、気が合うバイトメンバーができて、そこからプライベートで仲良くなるという事がバイトをしているとあります。
夢を追うためにバイトしている人、学生で生活のためにバイトしている人、さまざまな考え方をしている人がいるのでとても刺激になります。

 

3、気分転換になる
仕事と家の往復でいつも同じルーティーンの中で違う事をするのは気分転換になります。それがお金のためでも、人脈作りのためであっても、普段と違う事をする事が息抜きになります。
悩みがあったとしても、バイトをしている時は仕事なのでバイトに集中しており、その時は他の事は基本的考えられません。

 

4、仕事帰りにサクっと働けるのでいい
これは”平日”副業のメリットになります。仕事から家に帰るまでの途中でアルバイトに行く事ができれば、休日副業よりもグッと効率がよくなります。また平日副業の場合、休日はのんびり休息をとる事ができるので、休みにメリハリができます。

 

 

平日副業のデメリット

  1. 睡眠時間や自分の時間などが短くなる
  2. 疲労する
  3. 家事などが必要最低限になる

 

1、睡眠時間や自分の時間などが短くなる
平日副業をしてしまうと、どうしても時間が足りなくなります。削れる所としては自分の時間であったり、睡眠時間になってしまいます。
睡眠時間を削るには限界があるので、感覚としては仕事をしてバイトをして、しないといけない事をして寝るといったイメージになります。

 

2、疲労する
やはり平日働くという事はそれなりに疲れます。ましてや本業の後のアルバイトなので、その日によって、終わった後に疲労度がかなり大きい時もあります。たまに疲れて、家に帰って放心状態になってしまう日もあります。

 

3、家事などが必要最低限になる
1、の自分の時間がなくなると似ていますが、平日副業をした日に完璧な家事はなかなかできません。
おそらく、最低限しないといけない事ぐらいしかできませんので、家事を完璧に求める人には平日副業は不向きかと思います。

 

 

平日副業でどれぐらい稼げる?

 

平日副業で働くとするとどのくらい稼げるのでしょうか?

 

(例)時給1000円、週2回4時間勤務の場合

時給1000円×4時間×月8回=32,000円

 

(例)時給1500円、週2回4時間勤務の場合

時給1500円×4時間×月8回=48,000円

 

(例)時給1000円、週3回4時間勤務の場合

時給1000円×4時間×月12回=48,000円

 

(例)時給1500円、週3回4時間勤務の場合

時給1500円×4時間×月12回=72,000円

 

入る時間、深夜手当てなどによって変わりますが目安の金額となります。

またこの給料だと所得税などの税金が大きく引かれる事もありません。

 

 

 

副業のモットー

 

副業をするにあたってのモットーは本業をおろそかにしない事です。

私の会社が副業OKなこと、仕事内容的に定時で帰れる事、この2つがあったので副業を始める事ができました。

またバイトであっても仕事は仕事なので、バイトにも遅刻しないように、万が一残業になっても、確実に入れる時間帯でバイトしています。

 

  • 本業をおろそかにしない事(今までと同じように働く事が前提)
  • バイトもあくまでも仕事。バイトにも迷惑をかけない事

 

副業でバイトするか悩んでいる人は、この2つをしっかり守ることができるという状態でバイトを探しましょう!!

 

まとめ

 

この記事を読んで、平日副業を検討している人の参考になれば嬉しいです。
ちなみに私は平日副業を現在経験してる身として、平日副業オススメします(*^_^*)

ただ、平日副業を頑張りすぎて体を壊してしまうという事が一番良くないことだと思うので、無理だけはしないで下さいね!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です