飲食店でアルバイトをするならどちらがオススメ?ホール(接客)とキッチンの仕事内容まとめてみたよ!!

 

飲食店で働くと、大きなお店であれば、ほとんどがキッチンとホールに分かれます。
お店によって、店長が決める場合や、個人でやりたい方を選択できる場合とあります。

個人で選択できる場合、どちらを選択すればいいの悩みますよね。
どちらか自分に合っているのでしょうか?
ホールの仕事内容やキッチンの仕事内容など、まとめてみましたので参考にして下さい。

ホール仕事内容

 

ホールのおおまかな仕事内容は以下になります。

  • オーダーをお伺いする

お客様のドリンクの注文や料理の注文を伺います。たまにメニューの中でオススメ料理を聞かれたりもします。

  • 配膳 

お客様のテーブルに料理を運んだりします。その際に下げれるお皿があれば下げたりもします。

  • お会計(レジ) 

お客様のお会計をします。ホールの仕事内容で一番大事な仕事になります。ここは一番間違えてはいけません。

  • バッシング(片づけ) 

お客様が帰った後の片づけをします。机を拭いたり、箸を並べたり、次のお客様がすぐ席につけるような準備をします。

  • ドリンクを作る 

ドリンクのオーダーが入ると分量などのマニュアルに沿ってドリンクを作ります。

  • 洗い物をする 

お客様が使用した食器を洗います。だいたいの飲食店は食器洗い洗浄機があるので、ほとんど手洗いはしません。
食器洗い洗浄機がない場合や、グラスなど割れやすい物のみ手洗いします。

 

補足

ドリンク作りや洗い場担当はキッチンのイメージが多いかと思いますが、意外にもホールの人がドリンクを作っていたり、洗い場担当をするお店が多いようです。ここではホールのお仕事として入れておきます。

 

ホール仕事のメリット・デメリット

ホール仕事のメリット

  1. お客様とのコミュニケーションをとれるので、人と接する事が好きな人は楽しい
  2. ”美味しかったよ”や”ありがとう”など、お客様に言われる事がある
  3. 単調な仕事ではないので、キッチンに比べて時間が経つのが早く感じる。※個人の見解です

 

ホール仕事のデメリット

  1. 料理が遅い事が原因(キッチンのミス)であっても、お客様に文句を言われる。
  2. 常にお客様に見られるので気が休まらない。
  3. 歩き回っているので運動量が多い。
  4. 覚える事が多い。

 

キッチンの仕事内容

 

キッチンのおおまかな仕事内容は以下になります。

  • 仕込みをする

食材を切ったり、先に作り置きできるものはしておきます。

  • 料理を作る

通ったオーダーの料理を作ります。盛り付けまでマニュアルがあるので、マニュアル通りに味付けや盛り付けをします。

  • 発注をする

少なくなった食材の発注をします。発注ミスをすると大変な事になります。

キッチン仕事のメリット・デメリット

キッチン仕事のメリット

  1. 料理が上手くなる
  2. 黙々と仕事ができるのでペースが乱れにくい(オープンキッチンの場合は別)

 

キッチン仕事のデメリット

  1. 怪我をする場合がある(火傷や指を切ってしまう等)
  2. 中華鍋など重たいものを持つのが大変。
  3. 細かい盛り付けなど神経を使う。

 

ホール仕事に向いている人・キッチン仕事に向いている人

 

ホール仕事に向いている人

  • コミュニケーション能力が高い人
  • 気遣いや気配りができる人
  • 愛嬌があり、物腰が柔らかい人

 

キッチン仕事に向いている人

  • 黙々と仕事をこなすのが得意な人
  • 手先が器用な人
  • 集中力が高い人

 

ホールとキッチンの男女比

 

基本的に女性はホール(接客)が多く、男性はキッチンで多く働いています。

昼のランチの時間帯などはパートタイムの女性勤務が多くなるので、キッチンで働いている女性が多くなります。
しかし夜のディナーの時間帯は、ホールは女性が多く、キッチンは男性が多い傾向にあります。

まとめ

ホールとキッチンの違いについて書きましたが、いかがでしたか?
お店によって異なる部分はあるので、おおよその仕事内容になります。

 

向いている、向いていないはありますが、悩んでいる場合は、最終的には自分がやりたいと思う方を選択しましょう。
その方がきっと長続きしますよ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です